土地区画整理士の資格をとるには、指定の大学、短大、専門学校(職業、または、生活に必要な能力の育成や教養の向上を図ることを目的しています。一年以上の修業期間があり、800時間以上の年間授業時?で、生徒?が常時40人以上いることという規定があります)を卒業した後、一年から5年の実務経験が必要になります。また、そのほかにも、実務経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)を8年以上積めば、学校に通わずとも、土地区画整理士の資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)を受験する事が出来ます。土地区画整理士の受験問題は、換地計画の実地試験3科目と、土地区画整理事業総論、換地計画、土地評価、法規の4科目の学科試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)です。土地区間管理についての科目は必要不可欠なのですが、他の試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)範囲としてはあまり広くないでしょう。受験費用は、実地試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)だけならば9000円。学科と実地試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)を受験行うことは、18000円です。試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)の開催場所も、仙台、東京、名古屋、大阪(大阪といえね、食い倒れですね。お好み焼き、たこ焼き、串カツ、ふぐなどが有名です)、福岡の5箇所で受験できるため、比較的受験しやすい資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)だと言えるでしょう。土地区画管理士は、一般の人にはあまりききなれない資格とは言え、土地区画整理事業を滞りなく進める為には必要な存在です。全国建設研修センターといった所では、一日(サテライト)講習と言うものも行われており、業務で必要な基礎知識や技術を教えてくれるでしょう。遠い所に研修に行けないと言う方にとっては嬉しい限りみたいです。取得の難易度としては普通みたいですよが、自分で勉強すると言ってすごく難しいので、このような講習を使ってみるのもいいかもしれません。試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)対策としては、学科試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)は午前に行われますから、何年か前の分の過去問(解いてみることで、今の自分の学力がある程度わかるはずです)集をきちんとやっておきます。択一問題ですので、学科試験は過去の問題集をしておけば大丈夫とはいえ、問題は記述式の問題です。こちらは、換地設計の計算が必ずといっていい程出題されます。なので、計算方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)は必ず身につけておいてくださいね。計算問題(ちょっと難しい問題になると、大人でも解き方がわからないことがあるものです)以外にも、法的手続きの問題だったり、語句の説明をしなさい等の基本的事項の問題も出るので、しっかり暗記(サヴァン症候群の人は、一度みただけで暗記できることもあるそうですが、内容を理解しているわけではないようです)しておきましょう。土地区画整理士は、技術検定試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)と思います。難易度も普通で、わりと合格率(受験者に対する合格者の割合ですよね。受験する時の目安にされます)も高いです。しかし、実務経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)が必須な為、取得までにはどうしても時間が掛かってしまう資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)といわれていますー